在宅・テレワーク勤務 働き方の【新標準】応用編

[開催実績]

2020年10月14日(水)、ドリサポセミナールーム・オンライン同時開催にてオープンセミナーを開催しました。先月28日に第1回導入編「まずはテレワークにトライ」を行い、今回は応用編「テレワークの課題を乗り越える」と題し、CEOの安中がお話しました。

 コロナ禍により在宅勤務やテレワークが進み、「個職化」がはじまった、とも言われています。それによって生まれた新たな課題を乗り越えて、より良い仕組みを作ることが今後のスタンダードになっていく、と安中は話します。


 では、新たな問題、課題とは何か。

「人事評価」「オンラインハラスメント」などについての課題が多く聞かれます。

人事評価の課題は、「テレワークになったから評価が難しい」のでしょうか。そもそも評価制度自体がない、または制度はあっても以前から課題であった、という企業も多くあるようです。

安中は、人事評価とは何のためにするのか?という基本から、人事制度構築のポイントまで、自社で運用している人事制度(LポジションⓇマップ)を例に分かりやすくお伝えしました。

また、個職化にともない問題になっているオンラインハラスメントについて、寄せられる相談事例をもとに解説。

オンラインハラスメントの代表的な例として、

・時間に配慮のないメッセージ送信

・特定の一人だけがリアクションがもらえない(パワハラ系)

(※実は、たまたまの場合も相手が見えないがためにそう思うことがある。)

・画面越しの部屋の状態や服装が気になる(セクハラ系)

などを紹介。

さらに、在宅ワークの業務内容に関して細かすぎるチェックで管理職も部下も疲弊してしまうことも問題となっています。過干渉には注意が必要です。

このように、オンラインでの問題点を把握したうえで、「コミュニケーション」の大切さや相談窓口設置、研修の実施など具体的な対応策についてお話しました。

在宅・テレワーク勤務 働き方の【新標準】導入編

 [開催実績]

2020年9月28日(月)、ドリサポセミナールーム・オンライン同時開催にてオープンセミナーを開催しました。

 コロナの影響により、見切り発車で在宅勤務をスタートした企業が多いと思います。

思いがけず、ペーパレス化など業務効率化が革新できた、通勤や移動時間、経費の削減ができた、など多くの利点がありました。

本来は規程整備からスタートするはずの在宅勤務ですが、意外にもスムーズに展開されており、それは今後も続いていくと予想されます。


在宅勤務には利点も多い中、課題も少なからず挙がってきています。

労働時間管理、従業員のコミュニケーション不足、評価、長時間労働など。これら課題解決のためのコツを、本セミナーで安中が分かりやすく解説しました。


いくつかのコツの中でも重要なのは、トップ・管理職から実行し、部下に普及させていくこと。また快適なディバイスを取り入れて実施すること。そして、まずは出来るところから試すスモールスタートでいく)こと。それぞれの成功のコツについてドリサポの実例などを交えながらお伝えしました。

「労働時間の管理が難しい」といった課題については、労働時間管理の具体的な方法を示しつつ、著しく厳格な管理・監視にならないような配慮が必要、など注意点についても言及。参加者の方もハッと気づきを得る場面がありました。


本セミナーは導入編として、初歩的なことから分かりやすくお話ししましたが、第2回 応用編は、「テレワークの課題を乗り越える」というテーマで一歩進んだお話しをして参ります。ぜひ次回セミナーもお楽しみに。ご参加をお待ちしております。

週4正社員®制度 導入セミナー

[開催実績]

7月13日、ドリサポ国分寺セミナールーム・WEB参加の同時開催によるオープンセミナーを開催しました。

 コロナ禍にあり、企業の働き方改革が一気にすすむ中、「週休3日制」に注目する動きがみられます。

ドリサポは2011年より週4正社員制度(週休3日制)を導入し、時間制約型正社員制度のロールモデル企業として実践してきています。本セミナーでは、週4正社員制度の目的やメリット・デメリット、導入のノウハウについて、代表の安中がお話ししました。

 なぜ今「週4正社員」を推すのかについて、世界各国の動きを解説した上で、持続可能追及社会への転換や従来の働き方における固定観念解放の必要性をお話ししました。「生き方・働き方の選択肢を拡げる」ことがこれからの時代の重要ポイントであると述べました。

 次に、日本で行われている労働法改革や働き方改革について話を移し、これらによって何が変わるかに着目しました。今後は、残業させられない、非正規を安く使えない、賃金制度がないと裁判で負ける、など「今まで通りでは通用しない時代」が到来しており、その中で、新しい時代の雇用区分、とりわけ時間制約型の限定正社員制度の働き方が選択肢のひとつとして有効であることを述べました。

 他社導入事例、ドリサポでの取組などをご紹介した後、これからは、「自らマネジメントできる人材」を評価し、そうした人材を育てることが重要であると結びました。

 参加者からは、週4正社員制度のメリットやデメリットについて改めてご質問をいただきました。労働時間短縮や出勤日数が少なくなることによるメリットだけでなく、週4日で週5日相当の仕事をこなすための業務改善や労働者自身のマネジメント力向上など、検討事項についてもお伝えしました。

 多くのご質問、ご参加をいただき、誠にありがとうございました。

新36協定の結び方と残業規制への対応実務

[開催実績]

2020年3月5日、ドリサポ国分寺オフィスにて、どなたでも参加できるオープンセミナーを開催しました。

いよいよ来月4月より、中小企業にも残業の総量規制について法改正への対応が求められます。弊社役員の竹内が、いま押さえておきたいポイントを実務に即してお話ししました。

セミナーの前半では、「時間外労働の上限規制を理解する!」と題し、労働時間の基本事項から、改正となる時間外・休日労働の上限規制についてまでを分かりやすく解説。どのような場合に36協定を提出するのか、特別条項を付けなければならないか等、管理運営する側の方が注意すべきポイントをお伝えしました。

後半の「36協定を書いてみましょう!」では、書き方のコツなどをお話ししながら、基となる労働時間の把握や管理には、「健康管理」「賃金計算」「労働時間の抑制」の3方向からの視点で捉えていくことが必要だとしました。

最後に、運用上の注意ポイントをお話しして締めくくりとなりました。

ご参加のみなさまからは、

「とてもソフトで分かりやすいお話しで有意義な時間だった。職業的に時間管理が難しく困っている。」

「業界全体に言えることだが、人事労務管理の意識がが低く、この先も難しそうだ。」

「36協定の変更が必要だと感じた。」

など感想をいただき、労働時間管理について問題や不安を抱えていることが伺えました。

ドリサポでは、今後も働き方改革、法改正に対応したテーマやその他人事労務のお役に立つ情報をセミナー等を通してお伝えしてまいります。

ご契約までの流れ

STEP1

お問合せ

STEP2

ご面談

STEP3

ご提案

STEP4

ご契約